FC2ブログ

記事一覧

AirDrop一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KanadeCoin(奏コイン)は普及するのか

本日Twitterを徘徊していたところ、KanadeCoin(奏コイン)という案件を見つけました。
こちら、日本初のトークンのようです。

公式Webサイト

公式サイト見たら書いてますが、モノづくりを支援するトークンとのこと。
具体的には、個人のブロガーやアプリ開発者でも容易に導入できる決済サービスを提供します、というもののようです。

個人のブロガーの方ですと、自分の作った文章をnoteで売ったりしますよね。
アプリ開発者だったら、AppStoreやGooglePlayを経由して、アプリを販売するわけです。
勿論ですが、noteやAppStore、GooglePlayを経由することで、そのサービス提供元にマージンが支払われるわけです。
noteだったらpiece of cake、AppStoreならApple、GooglePlayならABC(Google)ですね。

noteはちょっと疎いのですが、AppStoreやGooglePlayへの参入障壁というのは、若干高いものがあります。
例えばAppStoreですと年間登録料や、アプリを配布する前の申請等々・・・。
決済に至るまでに障壁があるし、サービス提供元へのマージンも決して安いわけではありません。

そこで、このKanadeCoinがどこまで頑張れるのか、というのが見どころですね。
決済完了したらアプリがダウンロードできる、というような仕組み自体は、導入したい人がSDK開発するようです。
それが独自言語なのかどうかは分かりませんが、自分で作ったものを、AppleやGoogle等の厳しい審査無しで有料配布できる経路を設けられるのは強そうです。

このKanadeCoinですが、過半数はAirDropでの配布になるとのこと。
AirDrop登録は、「メールアドレス登録&マイイーサウォレットアドレス登録」だけで完了です。

登録はこちらから出来ます。

Rippleが提供してるサービスは金融機関向けですが、このKanadeCoinが個人向け、って感じでしょうか。
今後の動向と普及度に着目しておこうと思います。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

な゛り゛た゛い゛管理人

Author:な゛り゛た゛い゛管理人
スーパー社畜サラリーマンの仮想通貨投資日記です。
自己資本少ないんで、少ないなりに頑張ります!
お小遣い増やすような色々な方法についても、たまに書いたりしたいです。

Sponsored Link

人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。