FC2ブログ

記事一覧

AirDrop一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MyEtherWalletがハッキングされた?

2018/4/24、MyEtherWalletの名前解決をしているDNSサーバがハイジャックされたということで、話題になりましたね。
Twitterでは「MyEtherWalletがハッキングされた!」みたいな声も聞こえますが、そうではありません。
事実、MyEtherWallet自体の機能には何ら問題はありません。
じゃあ、一体何が起こったのか?
分かりやすく解説したいと思います。



1.ハッキングされたのはDNSサーバ


今回は、MyEtherWallet.com自体がハッキングされた訳ではありません。
MyEtherWallet.comのドメインの名前解決をしているDNSサーバがハッキングされました。

私達はhttp://www.○○○.comみたいなアドレスを使ってホームページを見ていると思います。
実はこのアドレス自体を使ってアクセスしているわけではなく、このアドレスに対応したIPアドレスを使ってアクセスしています。
例えば、○○○.comっていうIPアドレスは何?という問いに対して、YYYYYというIPアドレスだよ、と教えてくれるのがDNSサーバです。

今回はそのDNSサーバがハッキングされ、間違ったIPアドレスを教えるようにされてしまったのです。

2.正しいパターン


20180426_MyEtherWallet_01.jpg
正しいYYYYYを教えてもらっているパターンでは、正しいMyEtherWallet.comにアクセス出来ます。

3.ハッキングされたパターン


20180426_MyEtherWallet_02.jpg
一方、偽物のXXXXXというサイトを教えられてしまうと、正しいMyEtherWallet.comにアクセスできなくなります。
今回は偽物の接続先がフィッシングサイトになっており、そこで秘密鍵が盗まれてしまう、という手口でした。

4.どう対策すればいいのか


公式から正式な復旧連絡があるまで、MyEtherWallet.comへのアクセスは厳禁です。
ひとまずは待つしかありません。

復旧連絡があったら、Twitterの方でも情報を呟いていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

な゛り゛た゛い゛管理人

Author:な゛り゛た゛い゛管理人
スーパー社畜サラリーマンの仮想通貨投資日記です。
自己資本少ないんで、少ないなりに頑張ります!
お小遣い増やすような色々な方法についても、たまに書いたりしたいです。

Sponsored Link

人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。