FC2ブログ

記事一覧

AirDrop一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通貨の流動性

通貨の流動性の重要性について書いていきたいと思います。



1.流動性って何?


皆さんはそれぞれの銘柄の「流動性」について、意識したことはあるでしょうか?

銘柄の「流動性」はとても大切です。
流動性は、どれだけ取引所で動いているか=取引されているか、を表す数字です。

全く流動性が無い通貨って、どうでしょう?
誰も注目していない、あるいは誰も必要としていないということになるのではないでしょうか。
あるいは実際に利用される利点が無いため全く使われず、調達もされないので出来高も上がらない・・・ということになります。

こうなってしまっては、その通貨は死んでしまいます。いわゆる電子ゴミです。
そうならないためにも、現時点でどれくらいの流動性があるのか着目しておくことはとても大切です。

2.流動性比率の計算方法って?


仮想通貨で言うところの「流動性」については具体的な数値には表されていませんが、
いわゆる株の世界で言うところの売買回転率に当たると思いますので、私は以下の数式で表されると思っています。

流動性比率 = 実際に売買されている出来高 ÷ 当該仮想通貨の発行枚数

※実際に取引所でやり取りされている浮動通貨(浮動株といいますが、ここは通貨で)を考慮はしていません。

出来高なんかは、CoinGeckoさんで見ると凄くわかりやすいですね。

20180519_CryptoLiquidity.jpg

試しに流動性比率を10通貨について計算してみましたが、以下の通りとなりました。
(CoinGeckoさんの独自スコアにて上位10位となっている銘柄を対象としています)

20180519_CryptoLiquidity02.jpg

EOSが飛び抜けて高いですね。活発に売買されているコインだということが分かります。

勿論BTCなんかは多くの企業がホールドしていますし、個人投資家でもガチホしている人が多いと思います。
その場合は当該銘柄の浮動比率が下がりますので、浮動比率を考慮していないこの計算方法では、流動性比率が下がってしまいます。

実際に取引所で成立した出来高をベースにした時価総額を算出して、そいつを分母とした流動性比率が、本当に欲しい数字ですね。

別の記事にて、実際に取引所にて売買されている枚数(浮動通貨とか浮動枚数って呼ぶことにします)をベースにして流動性比率を計算してみることにします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

な゛り゛た゛い゛管理人

Author:な゛り゛た゛い゛管理人
スーパー社畜サラリーマンの仮想通貨投資日記です。
自己資本少ないんで、少ないなりに頑張ります!
お小遣い増やすような色々な方法についても、たまに書いたりしたいです。

Sponsored Link

人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。